カルベネ・ソーニヴィニヨンとシャルドネ

ワインと聞けば高級なイメージがありますが、最近は1000円以下で買えるワインがとても多く出回っています。 私が、デイリーワインとして飲んでいるのは、カルベネ・ソーニヴィニヨンと言うブドウの品種の赤ワインと、シャルドネと言う品種の白ワインの2種類を主に飲んでいます。 どちらもチリ産のワインで500円前後で買えるワインを飲んでいますが、辛口ですっきりとして飲みやすくコスパもすぐれているので満足しています。 赤ワインは常温で飲む方が美味しいと言われるのですが、この品種は酸味がきついので冷蔵庫で冷やして口当たりを良くして飲む方が飲みやすく美味しいと思うので赤も白も冷蔵庫で冷やして飲みます。 毎日ワインを飲むので今まで1000円以下のワインを色々試してみましたが、少し高いなと思いながら買った国産のワインよりも「本当にこの値段で美味しいのか?」と思って買ったチリ産ワインの方が美味しかったので、今はもっぱらチリワインを飲んでいます。 チリワインで私のお勧めのメーカーは「コンチャイトロ・フロンテア」「コンチャイトロ・プードゥ」「サンタへレナ・アルパカ」です。この3種類は先に紹介したブドウの品種の他にも様々なブドウの品種を使ってワインを作っているので、一口に赤ワイン白ワインと言ってもその品種は様々でお店に置いてある品種は一通り飲んでみました。結果、赤はカルベネ・ソービニオン。白はシャルドネがお気に入りになり、この品種のワインを良く買う様になりました。 毎日食事を作りながら「今日は赤にしようか白にしようか」と思うと料理をする事が少し楽しくなり、毎日の食事も美味しく頂けるのは、デイリーワインのおかげだなと思います。